やまぁん日和  ~釣りとカメラと旅人と~ 

大阪北港・南港・堺・岸和田・貝塚・泉佐野・泉南・阪南・岬・和歌山紀北・中紀・南紀・三重・神戸・垂水などで幅広くシーバス・ソルトウォーターフィッシングをやっています。ホームポイントは南港です。そんなやまぁんのブログです。

スポンサーサイト

Posted by yamaan on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南港~舞洲シーバス調査♪

Posted by yamaan on   0 comments

小雨が降り続く中、昨日もシーバス調査へいってきました。

雨の影響で昨日は少し肌寒い晩でした。

そして昨日は普段からtwitterでお世話になっている方たちが南港でシーバスをされるということで、
22時ぐらいから友人と南港にいきました。

場所は聞いていなかったのですが、よく通っているポイントを覗きに行ったところ、やはりその場所で
されていたので、軽く声だけおかけして、僕らは舞洲へいってきました。


この日の前日にも魚影が濃かったポイントへ向かいました。

先行者は4人で、お話を伺ったところどなたもまだ釣られていないとのこと。

まず、セオリー通りこの日も表層から順に潮の流れとベイトの気配を探ることに。

はじめは、潮もあまり動いていませんでしたし、バイトも全くありませんでしたので、またまた
前日に釣れていたパターンで探ることにしました。

使うルアーはMIXIMの17gです。
投げ始めて、5投目でした。バイトがありました。しかしこれにはあわせることができません。

そこからしばらくショートバイトがちょくちょくありながら、続けていると、10分後くらいに
またバイトがありあわせました。

そして、かなりの浅掛りでしたが、なんとか37cmのシーバスをキャッチしました^^

IMGP001102.jpg
釣れたパターンは前日と大体同じなので、前の記事もお読みください^^

やっぱりパターンにハマってますね♪♪ まだまだ不十分な考えですが僕なりに考えて釣れたのでうれしいです。


あと、もっとわかっていかなければいけないことは、潮流を読むことですね。
シーバスを探して、釣る上で大事なポイントは①シーズナルパターン②常夜灯の有無③ストラクチャーの情報
④ベイト  と、よく雑誌やプロアングラーが書いていますがそれだけは不十分で、これらの4つの要素を
有効に使うには、潮流が重要になってきます。

この潮流に関しては、雑誌IREGUIの一記事でミヤケマンさんが詳しく書かれていたのでしっかりと
勉強させていただいていますが、これだけでは、やっぱりまだまだ足りないこともあるので、実際に三宅さんと
話をしてきました。

潮流、潮目を釣れ!について詳しく説明を聞いてきました。

まだ実際に生かすことはできてませんが思い出しながら、時に考えながら、これからの釣りに生かしていこうと
思います。。


頑張ります^^;

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ
ポチッとお願いします♪

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。